カテゴリー : TarotReport

カード解説を追加したタロット・リポート ver.1.5

お待たせしました。
2 ヶ月強ぶりのアップデートです。
App Store – タロット・リポート
いろいろ変更点があるのですが、まずはこれから。
占い結果でカード解釈のヒントやアドバイスを読めるようになりました
以前のバージョンでは、占い結果はカードとそのキーワードの表示のみでした。
バージョン 1.5 では、カードの基本的な解釈や暗示される行動や状況を追加しました。
「占い結果はこうです」というより、結果を解釈・想像するための「ヒント」としてもらえると良いなと思っています。
合わせて UI も以下のような形に変更しました。
120325a.jpg120325b.jpg
右上の「カードを見る」かカード画像をタップするとカードが大きく表示されます。
120325c.jpg
「アルカナ」でより詳しいカード解説を読めるようになりました
「アルカナ」でもカードの意味や正位置・逆位置が暗示する行動や状況を確認できるようになっています。
120325d.jpg120325e.jpg
その他の変更は、また後日に。

広告

設定項目を追加したタロット・リポート ver.1.4

バージョン 1.4 のアップデート内容の続きです。
App Store – タロット・リポート
アプリの設定項目を拡充し「設定」メニューをアプリのガイド役「エリオの部屋」に名称変更しました
120115a.jpg
まず「エリオって誰だよ」ってところからなんですが、この子です。
120115b.jpg
アプリ内での解説とTwitterでユーザーサポートをやってもらっています。
エリオの出生についてはミシディア機関でも極秘事項とされています(謎)。
各設定の案内の他、一部テキストもエリオにお願いしました。
また、アプリから直接 @TarotReport をフォローできるようにもなりました。
フォローした後は、アルカナについて少し教えてくれるかもしれません。
誕生日を設定し保存できるようになりました
「エリオの部屋」で誕生日を設定しておくと「生誕の数理」や「年環の数理」の初期値として利用できます。
今後、この設定を利用した機能を追加してみようと思っています。
正位置だけで占う「正位置モード」を利用できるようになりました
実際のタロット占いでも正位置だけを利用するやり方もあるそうです。
タロット・リポートは何故か逆位置がよく出るという声が多いので、気になる方は正位置モードを使ってみて下さい。
ここで、少し脱線して正位置と逆位置の話を書いておきます。
正位置は各カードが本来持つ意味、逆位置はその反対の意味と言われています。
が、これも諸説あるようでタロット・リポートではどうしようかなぁといろいろ考えていました。
基本的に逆位置は正位置の反対の意味で解釈できますが、「正位置の持つ意味(力)のバランスが崩れたが状態」という解釈も採用しています。
例えば、「力」の逆位置は「強引・甘え・優柔不断・弱気」となっています。
強引と弱気は相反しているようですが、このバランスから考えると、まさに「力」のバランスが失われた状態とも言えます。
「皇帝」の逆位置にある「横暴」と「弱腰」にも同じことが言えます。
これを踏まえると逆位置が出た時は本来のバランスが崩れていると解釈できるので、その点に注意して行動してみると良いかもしれませんね(占い師風)。
フレンドカードをつぶやく際に@ツイートもできるようになりました
フレンドカードを使った占い結果などをツイートする際に @ をつけてメンションにできるようにしました。
これは好みに応じてオン・オフして貰えればと思います。
私の場合はオンにして(朝使うことが多いので)「おはよう」がわりにツイートしようかなと思っています。
以上、バージョン 1.4 の更新内容でした。

アイコンやカードデザインを変更したタロット・リポート ver.1.4

タロット・リポートの今年最初のアップデートを行いました。
App Store – タロット・リポート
アプリのアイコンを変更しました
120114a.jpg
カードデザインを変更したので、アプリアイコンもそれを使ったものに変更しました。
以前のアイコンとの違いは、並んでいるカードが表向きになったのと、枚数が 4 枚から 5 枚に増えたところです。
カードは手前から順に

  • アプリ起動時の画像 : アルカナには無いもの。「XXII TAROT REPORT」と書いてあります。
  • 恋人 : 私が愛してやまないカード
  • 皇帝 : 一部の女性に人気の皇帝ペンギン
  • 太陽 : 同じく一部の女性に人気のヒマワリ
  • 正義 : コントラストがはっきりしていたので入れてみた

以前のアイコンに比べ明るいイメージになったのと、カードの雰囲気も伝えられそうなので気に入っています。
カードデザインを変更しました

  • カード表面と裏面のデザインを変更しました
  • 「力」「悪魔」「月」の絵柄を変更しました

カードの表面にはフレームを装飾として追加しました(フリー素材の加工)。
裏面のデザインは表のフレームに合わせてパワポとフォトショップで作ったプログラマクオリティのものに。
あと淡く色付けしてあります。
「力」「悪魔」「月」の絵柄変更は次の通り。
120114b.jpg
力:先週、上野動物園で見たライオンの写真を元に加工したもの。
120114c.jpg
悪魔:某氏の Twitter アイコンを加工したもの(ヒント:悪魔は山羊座に対応している)。
120114d.jpg
月:先日、同僚が撮影した月食の写真を加工したもの。
アプリの設定項目を拡充し「設定」メニューをアプリのガイド役「エリオの部屋」に名称変更しました

  • 誕生日を設定し保存できるようになりました
  • 正位置だけで占う「正位置モード」を利用できるようになりました
  • フレンドカードをつぶやく際に@ツイートもできるようになりました

この辺は次回へ続く。

今年最後のバグ修正を行ったタロット・リポート ver.1.3.1

大陸のクリスマス休暇を前に、これが今年最後のアップデートとなると思われます。
App Store – タロット・リポート
年環の数理で特定の誕生日を設定するとアプリが落ちる不具合を修正しました
先週追加した機能のバグ修正です。
テストが足りていませんでした。
スミマセン、スミマセン。
以上です。
引き続きご意見、ご感想、バグなどありましたらレビューやお客様サポート @TarotReport までお寄せ下さい。
カード解釈のヒントもつぶやいているのでフォローよろしくお願いします。
タロット・リポート:アドベントカレンダー2011 – NAVER まとめ
年末年始は「協創」に向けたタスク整理を行いつつ、リファクタリングでもして過ごそうと思っています。

今年や来年を暗示するカードを占えるタロット・リポート ver.1.3.0

1.2.0 を飛ばして 1.3.0 にアップデートしました。
App Store – タロット・リポート
111207a.jpg
タロット占いに「年環の数理」を追加
そろそろ今年を振り返り、来年の計画を立てる時期になりました。
ということで、誕生日を設定すると今年や来年を暗示するカードを引くことがでる「年環の数理」を追加しました。
正逆関係なく一年を広く暗示するカードということで参考にしてみてください。
各種解説テキストを追加
「タロット占い」や「アルカナ」についての説明テキストを閲覧できるようになりました。
占いについてはそれぞれを最初に選択した時に説明画面を挟む形になりました。
一度、説明を表示させると、以降はこれまで通りの画面遷移になります。
再度説明を読みたい場合は、占い選択の画面で右端にある「帽子を被った天使のマーク」をタップすると表示されます。
下のスクリーンショットは、ワン・オラクルの説明画面を表示させて占い選択が面に戻った状態になります。
111207b.jpg
これは App Store のレビューに応える形で入れました。

初回起動時に思ったのが、ワン・オラク ル?オラクルってなんだろう?アルカナ..ってなんだろう?みたいなそもそものトコロがわからなかったりしたので、説明があるといいなーと思いました。

タロットカードにあまり詳しくないので、チュートリアルやヘルプがもう少し充実してると嬉しいかも。

未充足の価値をフォローするつもりでリリースしましたが、まだ足りない部分や UI としてより良い見せ方や構成がある気がするので、もう少し改善したい気持ちはあります。
22枚のタロットカード(大アルカナ)それぞれの解説については少しずつ準備しているので、もうしばらくお待ちください。
アルカナの表示形式を変更
「アルカナ」での一覧表示をカード形式に変更しました。
これまでは単に絵の画像が並んでいたのですが、占いの時と同じ形で「カード」として認識できる形にしました。
これはタロット・リポートを押し売りして買ってもらった某室長からのフィードバックを反映した結果です。
フレームがあることで全体的に締まりが出たような気がするので良かったかなと思っています。
前述の通り「アルカナ」についても説明テキストを追加したので 3 ページ構成になりました。
カードを見たい時は右から左へそっとスワイプして下さい。
といっても、「スワイプ」ってまだ一般的な言葉ではない気がするので、ここも上手くアフォードするような表現が必要かなと。
その他、表示の調整
レイアウトが崩れていた部分の調整と Twitter 投稿画面でソフトウェアキーボードの高さに応じて TextField のサイズも調整されるように修正しました。
後者は iOS 5 からの変換候補表示への対応ですね。
日本語キーボードの変換候補表示方法の変更への対応 – The iPhone Development Playground
という感じで引き続き改善サイクルを回して行きたいところです。
そして、そろそろデザイナーさんを探したい気持ちになってきました。

タロット・リポートの隠しタッチ操作 #tarotR

「隠し」という程ではありませんが、タロット・リポートには特に案内していないタッチ操作があります。
一部、気がついた方もいるようなので、その辺を少し解説しておきます。
まず、次のような「カード表示画面」では、中央にテキスト(カードの意味)と上下にナビゲーション&ツールバーが表示されていますが、
111123a.jpg
ここでは画面(ナビゲーション&ツールバー以外の部分)をタップすると、各表示が消えます。
111123b.jpg
上の画面のような感じです。
この状態で再度タップすると、テキストと上下のバーが再表示されます。
これはすぐに気づくところかもしれませんね。
またこの手の画面は左から右にスワイプすることで前の画面に戻ることができます。
ナビゲーションバーの前画面に戻るボタンのタップと同じ動作をスワイプで行える、ということですね。
これは「カード表示画面」が元々、モーダルとして実装されていた名残です。
開発中はかなりの期間、下からせり上がってくるタイプのモーダル表示(「Tweetする」をタップした時と同じような)で、上から下へスワイプさせることで表示を消していました。
ところが、カフェレビュー(開発中に毎朝同僚がやってくれていた)でこの操作が分かりづらいということで、途中から UINavigationController による遷移に変更しました。
しかし、操作自体には自分が慣れてしまったこともあり、スワイプ操作ができないと気持ち悪かったので、横方向のスワイプでも前画面に戻るようにしておいたのです。
リリース後、この操作に気づいた方がいらっしゃいまして、ver.1.1.6 では、別の部分にも「左から右へのスワイプで前画面に戻る」操作をこっそり入れておきました。
入れたのは下のような「カード展開画面」です。
111123c.jpg
ここでは背景部分を「左から右へスワイプ」することで、前画面に戻ることができます。
背景部分なので「ヘキサグラム」のように展開されるカード枚数が多いと、少し操作しづらいことにはなっています。
111123d.jpg
はい、以上です。

エリオ
タロット・リポートを作った人の誕生日のお祝いセールをやってるよ!
いつもは170円だけど、今なら85円でダウンロードできるよ!

セールはもう少しやっているので、まだタウンロードされていない方はお早めにドーゾ。

生誕の数理

今年もまたこの日を迎えるに至りました。
各ソーシャルメディアでお祝いの言葉を頂きまして、ありがとうございます。
誕生日ということでタロット・リポートにある「生誕の数理」について説明しておこうと思います。
tr1.1.6_top.jpg

エリオ
タロット・リポートを作った人の誕生日のお祝いセールをやってるよ!
いつもは170円だけど、今なら85円でダウンロードできるよ!

「生誕の数理」は誕生日からその人の運命や性格を暗示するカードを占うというものです。
占いというより星座や血液型によるタイプ診断に近いですね。
誕生日により結果は固定なので、折に触れて自分を振り返る、または気になるあの子の誕生日を聞き出す時などにお使い頂けます。
誕生日を指定すると 3 枚のカードが示されます。
私の誕生日でやってみると次の通り。
Zodiac Card – ゾディアックカード
ゾディアックカードはその名の通り、12 星座に対応した性格を暗示するカードです。
蠍座は「死神」にあたります。
死神
正位置 : 終末・決着・停止・破滅
逆位置 : 再生・上昇・新展開・再始動

ものごとのもっとも根源的なものに目を向けることをも示唆しています。ですから死にゆくことが、本当に重要な何かへと、あなたの気持ちを向けさせるということでもあるでしょう。そのときこのカードは、あなたに不必要なものを切り捨てるべきだということを、気づかせてくれるに違いありません。

蠍座(天蠍宮) : 不動宮・女性性・水
洞察力が鋭く、物事に深く拘る。好き嫌いがはっきりしていて、熱中しだすと深く長くはまる。執着心が強く、貪欲に目的を追求するが、時にしつこい。
現実離れしたものの考え方をしたり、神秘的な事柄を好む。閉鎖的で、何を考えているか分からないタイプ。

Soul Card – ソウルカード
ソウルカードは魂や先天的な資質など、その人の内面を暗示するカードです。
20 世紀末にエジプトで焼却されたという「天国へ行く方法」が記されたノートによると「記憶」と「スタンド」の

ふたつを合わせてみれば、できあがったひとつを『魂』と言い換えることも可能だろう

ということなので、解釈によってはスタンド能力の暗示ともいえるかもしれません。
私の場合は「魔術師」です。
魔術師
正位置 : 創造・始まり・技術・才能
逆位置 : 混迷・不振・消極性

彼は行動することを恐れてはいません。自分自身を信頼し、自らの信念に向かって進むことをいとわないのです。また、彼は自分が何を目的としているのか、そしてなぜそれを行うのかということをはっきりと自覚しています。さらに彼は自分の置かれている状況を的確に理解しているため、ためらうこともありません。決意に対して、ひたむきに焦点を絞ることができるのです。

Persona Card – ペルソナカード
ペルソナカードはその人の世界と向き合う対外的な人格を暗示するカードです。
一般的には「パーソナリティカード」と呼ばれているようですが、タロット・リポートでは「ペルソナカード」としています。

我は汝…汝は我…汝、己が双眸を見開きて…今こそ発せよ!!

ソウルカードとペルソナカードは、誕生日によっては同じカードを示す場合があります。
私の場合は「運命の輪」です。
運命の輪
正位置 : 解決・向上・幸運・転換点
逆位置 : 危機・不運・事故・遅延

自分を超えた大きな力と共にやってくるヴィジョンや悟りを表しています。もしあなたが何らかの問題を抱え、困難な状況に置かれているなら、一歩下がり、改めてより大きな視野ですべてを見通すことが必要です。そうすれば、答えが見つけられるだろうということを、このカードは示しています。

それぞれカードが持つ「意味」の解釈が難しい(多様性がある)のと、タロット・リポートではキーワードしか示していないので、もう少し説明テキストを追加しようかなと思っています。
整理までに時間がかかりそうなので、気長にお待ち下さい。
参考資料
ラーニング・ザ・タロット―タロット・マスターになるための18のレッスン JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]