デザイナー 矢野りんさんの講演 2011.11.29@岩崎博物館ゲーテ座ホール

2011.11.29(火)にデザイナー 矢野りんさんの講演を聴いてきました。
場所は岩崎博物館 のゲーテ座ホール
ちょうど『ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。』を読んでいた頃に、
ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。
私のデザインにおける「師匠」ともいうべき浅野先生が、

11月29日(火)に矢野りんさんに本校ゲーテ座で講演をしていただくことになりました。

と、ブログに書かれていたので、お願いして伺ってきました。
講演は以下の 3 本立てで学生に向けてメッセージを発信する形でした。

  • メディア市場の現状
  • 制作現場で必要とされる人/そうでない人
  • 必要とされる人になる方法

もちろん現場に身を置く大人にも響く内容でしたし、一方的な発信ではなく会場を巻き込んだディスカッションで聴講者ともコミュニケーションしていました。
それでは感想などを。
デザイナーとエンジニアの協創
矢野りんさんはデザイナーとしてプログラマ(エンジニア)さんと組んで Android アプリを提供されているそうです。
6x6cm – Android マーケット
Simeji – Android マーケット
私もタロット・リポートを作ったところだったので、導入から気持ちを引っ張られた感じがしました。
App Store – タロット・リポート
タロット・リポートはさまざまな意図があって、ほぼ一人で作ってしまいましたが、やはり互いの専門性を活かした協創から生まれるものは好いなぁと思いました。
また、狭義のデザイン(意匠とかスタイリングの方)を「誰にでも」目に見えるカタチとして表現することと考えると、それは何かを作っている者にとって(プログラマといえど)避けて通れない道かなと少し思うようになりました。
ここは自分でも少し突っ込んで学びたい気持ち半分、フィーリングぴったりの可愛いデザイナーさんと協創したい気持ち半分というところ。
現場で必要とされる人
専門性を持って○○○ができる人であること。
「できる」ということは「何かがうまくいかないときトラブルの原因がわかる」ということ。
更に言うと、そのトラブルを「手を動かして自分で解決できる」ということ。
これは「問題解決としてのデザイン」ができる人ですよね。
エンジニアやプログラマなら「障害やバグを見つけたら原因を特定して解決する」といったことを普段やっていると思いますし、仕様を実装して形にする(そして動かす)ことも「問題解決」といえるでしょう。
それを「できる人に頼むだけ」というのでは、これから難しくなるだろう、と。
あと蛇足かもしれませんが、このところ「実現しようとする価値を設定できる人」も求められているような気もします。
デザインもプログラミングも「何かのための手段」であって、その「何か」を見つけられる人というか。
見つけたものを主体的に作っていくというか。
Software is Beautiful:第10回 アイデアを目に見える形にしてこそのエンジニア|gihyo.jp … 技術評論社
[対談:ひがやすを×バスキュール号 1/2] 技術屋が今すぐ「企画力」を磨くべき、これだけの理由 |エンジニアtype
必要とされる人になるために
「好きなことをする」。
そして「発信する・発表する」→「疑問が出る」→「調べる」→「分かる」→「発信する・発表する」→繰り返し…の黄金の回転。
「発信する・発表する」は外化なんですけど、勉強会や講演会に行っただけ聞いただけではダメなんですよね。
それを受けて、ブログなり何なりで「自分なりの形」にしてみないとどうしようもない。
人と人のつながりを持つ
「一人で好きなことやって発信・発表からのサイクルを回す」もそれはそれでよいのですが、やはり誰かとコラボすることで何かを作るのであればその価値や自分のスキルも加速度的に高まっていくのでしょう。
デザイナーならプログラマを、プログラマならデザイナーを探すようにコラボレーションできる相手を見つけていく、という風にも聴こえました。
それこそ、カンファレンスや勉強会、大学院など(ソーシャルメディアでも良いのかもしれませんが)で知り合った人と何か作ってみるとか。
もちろん職場の同僚でも良いでしょう。
この辺も見え始めてきているので、また「誰か」を探しに行くかもしれません。
自分を省みて
このタイミングでこのお話を聴けたのは本当に良かったと思います。
ということで、私もちょっと発表に行ってきます。
12月10日 DevLOVE HangarFlight – Snow Barrage -(東京都)
資料はこれから作りますニャ。
111130.jpg
関連ブログ
矢野りんさんの講演会 in 山手 | 情報デザイン研究室
コ ト デ ザ イ ン 2.0: 矢野りんさんの講演

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。