タロット・リポートが生まれた理由(だが下書きのようだ)

以下、下書きですが、出しておきます。
究極的には自分で作る
「究極的には自分で作る」ということへの憧れみたいなものがある。それも理由だろうね。

「モノと人が1:1の時代」=作り手と使い手が同一「セルフ・ビルド」
大きくなるほどユーザーと離れる。直しが効かないとマズイ。ユーザー参加型。
「究極的には自分で作る」

時の流れと共に作り手と使い手が分離していったという話を初めて聴いたのは 2010 年のデブサミでの中埜さん(と和田さんと角谷さん)のセッションだったと記憶しています。
その後、Webエクスペリエンスを創る種 で話をした後に、黒須先生も同じことを書かれていたと知りました。
この辺から私の中ではパタン・ランゲージと HCD が「作り手と使い手の距離」という課題でゆるゆる繋がり始めました。
一方、「安藤先生UXDはインダストリアル・デザインである鈴木雄介さん「クライアント(の)ために」は手工業。産業としては原始的なありかたというのが
頭の中で手をつないでころころしているので、「究極的には自分で作る」というのはビジネスに対しては乖離がある、とも思っています。
とはいえ、作り手としては「作るコト」と純粋に向かい合う機会も欲しいですよね。
また、サーバサイドのアプリケーションエンジニアとしては(UI の方は Web デザイナーさんやコーダーさんがやっているので)「アプリケーション全体を自分で作ってみたい」という欲求もありました。
アプリケーションエンジニアにとっての外化
外化という言葉はワークショップを通じて浅野先生に教えてもらったようなもので、

自分の考えを他者に説明するために文章を書いたり、図を作ったりして理解の過程を見えるようにすること。これによってメタ認知が促進される。とりあえず「脳から出してみる」こと。

だそうです。
「頭で考えているだけ」ではダメで、図なり文章なり目に見える形として外に出してみないと「本当は考えられていない」ということです。
モデルを描いてみるとか、ブログを書いてみるとか、外化には様々な形があります。
(いわゆる)デザイナーならスケッチを描くだろうし、プログラマならコードを書くかもしれません。
ここしばらく広い意味での「デザイン」について勉強してきたのですが、「実装」に至らない「もやもや感」もありました。
それは、こう考えると納得がいきます。
アプリケーションエンジニアにとっての外化は、きっとアプリケーションを作ることだろう。
外化の手前で止まっているような感覚、エンジニア/プログラマとしては「実装」しないと消化不良があるのかもしれません。
あるいは、「エンジニア/プログラマとして本当に考える」に至っていなかったのかもしれません。
それで「一定の形」にしてみる、ということをやってみたくなったのだと思います。
協創のための独創
今回、自分の中で抜け落ちていたと自覚しているのは「コラボレーション」や「多様性」といった協創的な要素です。
「究極的には自分で作る」という指針はあったものの、一連の HCD 系ワークショップで協創の重要性は理解しているので、少し迷った点でもありました。
ただ、ワークショップに限らず業務プロジェクトでも人が集まれば良いというものでもなく、「場のファシリテーション」や「個々の資質」によって、その多様性から価値が生まれるかどうかは変わってきます。
だとすれば今回は(自分の)「個々の資質」の方を伸ばしてみようと独創することにしました。
協創へ至る道としての独創のような何か。
プログラミングは普段の仕事で行いますが、企画や UI デザインはほとんど行わないので、そこを体験しておけばコラボレーションする際のインターフェースになり得ると考えたわけです。
結果として、一人で外化したものを他者に見てもらうことで、自分に足りていない部分が鮮明に分かるという気づきもありました。
まぁ、実際は手伝ってもらったりしたので、「完全に一人で作った」わけではありませんね。
ということで、ここまでです。
後日、整理されたものが出てくることに期待したい。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。