語り部たち #devlove

経験という暗黙知を物語として形式知にする。
その物語がまた新たな経験の種となる。
そんな意味で「CHANGE THE FUTURE 変化は自分から始まる。」には2人の語り部がいた。
自分の過去を物語として語るというのは、暗黙知と形式知の黄金の回転ではないだろうか?

過去を見つめぬ者に”成長”はない。
美辞麗句で未来を語っても地に足がついていなければ”進歩”はない

そして、ビジョンやウェイの共有や共感というのは、誰かの物語を通じてなされ、それが「希望」となるのではないだろうか?

どこかの誰かに希望として伝わっていくような
何か大いなる意味となる始まりかもしれない・・・

それがまさに大地を潤すように「主体的に動く」土壌を創り得るとしたら。
そんな世界に「種」を撒けるとしたら。
そこにはどんな「花」が咲くだろうか。
[勉強会]DevLOVEで発表してみた(matsukazの日記)
ロジックだけでは思いは伝わらない! 「共感」で人を動かす話し方 物語の哲学 (岩波現代文庫) ジョジョの奇妙な冒険 63 (ジャンプ・コミックス) アルティメット ヒッツ ベイグラントストーリー

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。