ペルソナ ~トリニティ・ソウル~

ディシディアに時間を奪われていたもの その3。
ペルソナ ~トリニティ・ソウル~
レンタルで第 15 話まで観ました(11 話まではディシディア発売前に観終わっていた)。
あとはスゴ録に貯まっている 26 話(最終話)までを消化して HDD の空きを作らないと。
観ようと思ったきっかけは P4 が思いのほか気に入ったからなのですが、

北陸の新興都市・綾凪市へとやってきた神郷慎と弟の洵。それは、両親を亡くして以来10年ぶりの帰郷だった。若き警察署長である兄・諒との再会を喜ぶ暇もなく、連続発生している猟奇事件に巻き込まれてしまった慎は、生命の危機に、秘めていたペルソナ能力を発現させる。新たなるペルソナの物語が、今その幕を開けた――。

舞台が北陸とのことで、少しずつ親近感がわいてきました。
実際、観ていくと分かるのですが、綾凪市って

富山湾に面した湾岸都市。10年前に突如発生した同時多発無気力症による事故・災害によって、街の中心部は壊滅的ともいえる被害に見舞われたが、その後、未来型都市としての復興を遂げた。当時進行中であった都市計画との齟齬により、沿岸部に建造途中であった橋脚などがそのまま放置されているのも特徴。かつての面影を薄れさせた都市部に対し、郊外には昔の風情を残した地域が今も残っている。

富山県なんです。
上記の通り都会になっていますが、路面電車とか、閉店したらしいサティを思わせる CITY(たしか、たぶん)とか、前半のちょっぴりキレイに演出された雪景色とか日本海がツボ。
ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】 [DVD]ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.2 [DVD]ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.3 [DVD]ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.4 [DVD]ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.5 [DVD]
スタンド使いが集まる杜王町に対する、ペルソナ使いが集まる綾凪市というのと全体的な雰囲気も含めると、私の受けた印象は北陸+ジョジョ+ペルソナの連携が無いとピンと来ないかもしれません。
ペルソナといえば、第 1 作が PSP でリメイクされるそうです。
記念すべき第1作がPSPで復活『ペルソナ』(ファミ通.com)

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。