るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編 ~特別版~

私の喜怒哀楽についての問いの答えとして。
泣ける作品を。
るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 星霜編 ~特別版~

愛する人に寄り添い、共に生きることを真摯に貫いたヒロイン『神谷 薫』の追走譚を軸に、過去に犯した「人斬り」の罪に対する贖罪の“答え”として、剣と心を賭して闘いの人生を完遂する道を選らんだ主人公『緋村剣心』の魂の軌跡を描いた、渾身の最終章!!

アニメ版の最終章として製作された「星霜編」の上・下巻を DVD 1 枚に収めた特別版。
時代設定は、原作のラストまたは、『弥彦の逆刃刀』、『春に桜』から更に約 10 年後の明治 26 年ごろ。
薫の回想(TV 版では無かった人誅編を含む)と交錯しながら展開されていきます。

拙者がいかな答えを出そうとも、お前の恨みも悲しみも消えるはずもない。
だが、もしこの命と引き換えにお前に笑顔が戻るのなら…。

飛天御剣流はおろか、剣そのものも振るえなくなった剣心と、その生き方を支える薫。
原作の「とりあえず、お疲れ様」という笑顔の結末とはかけ離れた悲愴な物語になっています。
それも贖罪の答えの一つと、納得せざるを得ない部分もあり、そして痛い。

明治になって日本全国を流れる中、拙者が抜刀斎として殺めた幕臣の生家を訪ねたことがある。
墓参りすらかなわず、思い知らされた。
残された人々に対して、拙者が出来ることなど何も…何も無いのだと。

そんな中でも希望として描かれる弥彦から剣路への継承。

バカ弟子は…剣術の理までも変えたようだな。

贖罪の結末とは。

おかえりなさい、心太。

人生の完遂とは。

やっと…やっと消えたね…。

…見届けよう。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。