カレーの市民 その1

ブロードヤーン。
Elio 「あ…こ…こんにちは。ワーロック・リポートさん」
ワーロック・リポートは一旦、足を止めた。
Elio 「あのォ~その後…何か変わりありますか?」
WarlockReport 「ン?」
ワーロック・リポートは再び歩き出した。
エリオはトコトコと着いていく。
WarlockReport 「いや…別に…だな」
Elio 「はあ…」
トコトコトコ
Elio 「あのォ~どちらへ行かれるんですか?」
WarlockReport 「ン…いや…別に…その辺だ…な」
Elio 「はあ?」
Elio 「…」
トコトコトコ
Elio 「…」
Elio (まいったな~無口な人だから会話に困るよぉ~何か話題ないかなあ~えーと えーと)


ジョジョの奇妙な冒険 (38) (ジャンプ・コミックス)
Elio 「あの…その「帽子」ステキですねェ!」
Elio 「あ…」
ワーロック・リポートは後方にいた。
WarlockReport 「この店…見たところ『カレー屋』のようだが…」
Elio 「えっ!?ええ…『カレー屋』さんですよ…どうかしましたか?」
ワーロック・リポートは貼紙を指している。
【ストーンーリバー発祥 カレーの市民 アルバ】
Elio 「ああ~濃厚系でまったりした味のルーを使ったカレーですよ。金属製のお皿とか、先割れスプーン、添えてある千切りキャベツが特徴なんです。それが…どうかしましたか?」
WarlockReport 「…食べてみるか」

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。