part 4 epilogue – change the WoRld

―2022 年。
Sith 「絶対に逃がさんッ!絶対にッ!決着はつけるッ「因果」を過去へ持って行く事はできない」
Elio 「おねえちゃんッ!ロープをーッ!!早くここまで来てーッ!!」
Violetsugar 「エリオ…ナオキが自分を犠牲にして父さんを守ってくれたから、あたしは今…かろうじて生きている。レオモがヤツを攻撃してくれたからロープを延ばしてゲートを開けることが出来た」
Elio 「早くッ!早くッ!ここまで来ておねえちゃんッ!逆にロープが伸びてるよーッ!」
Violetsugar 「そのゲートはきっとあなたを然るべき場所へ送ってくれるわ」
Elio 「…?何言ってるの!早くッ!」
Violetsugar 「エリオ、あたしは行けない…。ヤツはあたしの中のフォースを感じとっているわ。どこへ逃げてもあたしも感じるし、ヤツも感じで追跡してくる。あたしがいたら、あんたは逃れられない」
Elio 「…え?」
Violetsugar 「ひとりで行くのよ、エリオ。あんたを逃がすのはナオキであり…レオモであり、あたしの父さん…。ゲートの先で父さんに会ったら伝えて。「おじゃまたくし」は正しく教えてと」
Elio 「待ってッ!!待ってッ!!おねえちゃん、や…やめて!!ロープを早くたぐり寄せてェエエーッ」
Violetsugar 「本当のあなたが目覚めれば…運命は変わる…だから、ここはあたしが、くい止める」
Elio 「うわああああああああ おねえちゃああああああーん」
ドドドドドドドドドド


原典 ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 17 (80) 必読のエピローグはフィクションです。
登場する個人名は実在の人物とは、ちょっぴり関係がありません。

広告
    • もっぺ
    • 2008年 2月 22日

    ただただ意味が分からなさすぎてうけますが。
    ジョジョってこういうお話なんですね。

    • Elio
    • 2008年 2月 23日

    おねえちゃん、それは誤解の方が大きいよ。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。