女帝 コレクターズ・エディション

劇場版は、近くに公開館が無かったか、予定が合わなかったかで観ていなかったのですが、買ってみました。

映像美から入るタイプの作品のようじ感じましたが、嫌いではないです。
キャストも舞台(美術)も美しい。
また、1 対多数のアクションは、ネオ対スミス 100 人を思い出させる感じ。
中国系の、ちょっぴり不自然なワイヤーアクションも味があるとみるべき?
ジョジョファンとしては、女帝はエンペラーではなくエンプレスと読んでしまいます。
チュミミ~ン。
そして、やはり、チャン・ツィイーの徐倫が観たく。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。