壊し屋タンパク質―SCRAPPER

図4. SCRAPPER(壊し屋)がRIM1にユビキチンを付加するモデル図(科学技術振興機構)
SCRAPPERはアクティブ・ゾーンのタンパク質RIM1にユビキチンを付加し分解へと導きます。
この図では、人型のものをSCRAPPER、円盤形のものをRIM1、小さいハート型のものをユビキチンとして表し、SCRAPPERがRIM1にユビキチンを付加していく様子を擬人化して表現しています。

近年、いろんなところでスタンドが発現するようになりました。
ファンとしては、うれしい世界。

広告
    • speedking
    • 2007年 9月 9日

    cellはスゴイ雑誌ですよ・・・。これは超スゴイことですよ。
    通常雑誌の裏表紙に表紙の絵の説明が書いてあるのですが、それがどんな説明になってるか興味ありますね。

    • shunmi
    • 2007年 9月 10日

    生物学ど真ん中なんでしょうか。
    理系の全く未知の世界ってハナシ。
    Cell って人造人間か、プロセッサしか思いつかない…とは言い過ぎだけど。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。