アヴァロン

押井監督作品が、ごっそり放送されていた中のひとつ。

近未来。
繰り返される仮想空間での戦闘と死。
その興奮と多額の(現実世界での)報酬は、若者たちを熱狂させた。
時にはプレイヤーの脳を破壊し、未帰還者と呼ばれる廃人を作り出す。
人々は、そのゲームをアヴァロンと呼んだ。
この作品は外国映画(ハリウッドではなくて)としても観られるところが新鮮な気がしました。
雰囲気もよく伝わってきましたし。
題材として、多少なりともオンラインゲームに触れたことがある人には、何か感じるところがあるのではないでしょうか。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。