JOJO 20th Anniversary

そして、ジョジョの奇妙な冒険も 20 周年に。
同じ 20 年という時間を歩んできた作品でも、それぞれ違う進み方をしてきたものです。
ジョジョは第 1 部から根底にあるテーマ【人間賛歌】がブレていないところがスゴイというか。
荒木飛呂彦という一人の漫画家による創作活動(担当編集者やアシスタントがいるとしても)と、シリーズを追うごとに巨大化してくチームによる開発とでは、当然、方向も変るわけですけど。
当初の構想は 3 部までだったので、3 部である意味完結し、離れていった人も多いとは思うのですが、4 部以降は、より人間の生き方に対する描写が明確になった気がします。
それにしても、20 年前に連載されていたマンガが、今になって劇場公開されたり、ゲーム化されるのには、やはり超スゴイというしかありません…。



たとえ、そのゲームが 70%OFF で叩き売りされているとしても…。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。